不倫をしでかした配偶者を最大限に懲らしめるには、社会的生命を奪われかね

不倫をしでかした配偶者を最大限に懲らしめるには、社会的生命を奪われかねないストレスを与えることが一番だと思うんです。もちろん、第三者を巻き込むに足りる証拠が必要ですが、証拠さえ入手すれば、心ゆくまで向こうを追い詰めることができるというものです。
それでは気が収まらず、浮気相手の勤務先の上司や配偶者、義両親にまで通知するケースもあるようです。ご近所と付き合えなくなったり職場を辞めたりと、それなりの報いを受けるわけです。特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、双方には明らかな相違点があることにお気づきでしょうか。多彩な頼まれ仕事を引き受ける便利屋は開業許可等を必要としませんが、探偵業を始める際は、探偵業法の規定通りに、公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と供に開業届を出し、認可番号を交付してもらって正式に認められるのです。法規制がない便利屋とちがい、大事な個人情報を扱えるのが探偵社なのです。配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。
向こうが証拠を押さえていたら、やっていた方は明らかに分が悪いです。
慰謝料の額は実際、数百万というときもあれば、転居費の実費だけで済むなどかなりのちがいがあります。その額で難しいときは、支払いの分割化や金額変更を交渉するのも良いでしょう。配偶者の不倫を疑って探偵に調べて貰うときは、対象の仕事先や交友関係、行動時間など気付いた限りの情報を提供するほうが、調査しやすく費用も抑えられます。なんでもかんでも探偵にまかせてしまうと、肝心の証拠を掴むまでに手間ひまかけてやらなくてはなりません。そばにいれば気付くことも多々あるでしょうし、よく観察して記録できるところは記録しておくと今後の大きな助けになるでしょう。不倫がわかり、離婚のための裁判になると、浮気していたという証拠がなければいけません。例えば、肉体関係があると客観的にわかるような手紙やメール類、ラブホ入室の瞬間を捉えた写真とか、将来や生活を保障する誓約書なども決定的です。
それに、スマートフォンのメール、LINEのトーク履歴が証拠として採用される例もあります。探偵業といえど競争があるのは事実で、大幅値引きな価格を提示したり、婚前調査なら一律いくらなどと謳う業者も増えてきました。
しかし、均一でも料金に含まれない場合は別途追加というケースもあり、あとになって料金が割高になることもあるので、もしそこに依頼するなら、価格や内容をよく確認し、あとで後悔することがないようにするべきです。
念願だったパートの仕事。コドモが10歳になったのを機に始めたのですが、そこの社員さんにアタックされ、既婚者だと分かっていて、つい浮気したんです。子育てが落ち着くまではと、主婦ぼけしてた私の甘さもありますが、外出、電話、メールが増えて、夫なりにすぐピンとくるものがあったらしく、彼の奥さんと連絡をとりあった挙句、むこうからは慰謝料を請求され、私自身も離婚することになり、元の職場にも戻れず、実家に泣きつきました。よく不倫のきっかけとして言われるのは、ワンパターンな結婚生活から逃げ出したかったというものです。異性として恋愛対象になるという気持ちの高まりが不倫を美化してしまうところもあるようです。理由が分かったところで許せるものでもありませんから、あらかじめ二人で歩み寄って、おたがい何を我慢して何を求めているのか、問題点を話してみて、認識するのも大事です。
未成年の子がいて離婚する場合、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親はコドモの親権がとりにくいと思われているようです。
倫理的に言うとそうかも知れません。
ただ、裁判所は違う考え方をします。
コドモの親権というものは、裁判では同居の有無やコドモを育てることに協力的だったかどうかなどを考慮します。
最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかを重視して判定するのです。婚前調査で探偵を頼む場合、個人情報をできるかぎり知られたくないというのは珍しいことではありません。
依頼が確定するまでの見積り段階では、個人情報は伏せていただいて構わないという業者さんも増えていますから安心してちょうだい。
それでも最終的に調査を依頼するときには契約や詳細説明は必須ですから、ある程度の個人情報が知られることは了承していただくほかありません。さまざま見ていくと、浮気相手と別れた理由で圧倒的多数を占めるのは、配偶者への暴露です。
そうはいっても素人にとって、不倫の動かぬ証拠を掴むことは困難なばかりでなく、思わぬトラブルに発展しかねません。
最初から興信所や探偵業者などのプロに不審点の洗い出しや不倫の裏付けをすさまじくらうことにすれば、安全かつ堅実でしょう。
とはいえ、不倫の気配に気付くまではあくまでも自分自身でやらなければいけないのです。
不倫や素行調査を依頼すると費用がかかります。気になるその精算方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)についてですが、規模の大きな会社ならクレジットカード払いやローンでの分割払いに対応しているところもあります。
不倫現場を押さえるチャンスは今しかないけど、費用面が心配というときは、分割OKの事業者を捜して依頼するといいのではないでしょうか。クラス会やOB会ではなにげに不倫に進展することが本当に多いです。憧れの人と話がはずんでしまったり、元クラスメイトということで性別の垣根が取り払われるので居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。
クラス会や同窓会後にパートナーの挙動に不審を感じたら、ひょっとすると、浮気しているかも知れませんよ。
有名どころや老舗が絶対的に優秀だとは言い切れませんが、探偵業者の場合は大手のほうが後悔することが少ないと思います。
規模の小さな会社では、調査も満足に行なわないうちに代金を請求してきたり、コストテーブルの説明すら濁すところもないわけではありません。
もちろん、電話での応対や事務所スタッフの説明の仕方なども依頼するかどうかの判断材料になるでしょう。
アラサーの会社員です。妻は独身時代からの保母の仕事を続けています。私にとっては青天の霹靂ですが、一昨日、彼女の不倫がわかりました。
こっちは怒り心頭なのに、バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。
謝罪の言葉もなにもありませんでした。これでは夫婦の意味がないですよね。
妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。
このままにしておくつもりはありません。自分のために、今後の対応も考えたいと思います。不倫された事実に気づいたときは、やはり頭に血がのぼってしまうかも知れません。でも時間の経過と供に冷静になってくるはず。そのときは、どのように対応するか具体的に考えましょう。
だいたい不倫行為は、裁判での離婚理由にもなる「不貞行為」なのですから、あなたの胸の内ではわだかまりが残るとは思いますが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料請求はきっちりおこない、相手に責任をとらせましょう。
気の迷いで始めた交際から抜け出せなくなって精神的に不安定になり、家庭環境も壊れる。そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。仮に夫婦のどちらかが相手のことを嫌っていても、あらたな恋人と幸せになろうというのは、あからさまに現実逃避が過ぎると誰もが思うでしょうね。
浮気相手が加わって大問題になったものの、もともとは夫婦間の問題。
不倫より先に解決策もあったでしょうし、責任のない子どもまで不倫の結果に巻き込むのはどうかと思います。
冷静になって悔やんでもはじまりません。
探偵慣れしている人は少ないでしょうから、もし業者選びに迷ったときには、その通りでいるより、電話したほうが絶対スッキリするはずです。
事務所所在地や代表電話といった情報は、電車や雑誌の広告などでも見られます。受付専任のスタッフがいて、どのような作業で料金がだいたいどのくらいになるか概算で見積りを出してもらえます。初回見積り無料の業者さんも多いですから、落ち着いて考えてから依頼することも出来るのです。
やはり不倫の証拠写真というと、交際相手と一緒にラブホから車で出てくる場面につきるでしょう。個人でも良い機材があれば撮影できるかも知れませんが、証拠としては使えないレベルであることが少なくありません。
確固たる裏付けとなるような高画質で撮影しようと思ったら、探偵業者を利用する方が良いのではないでしょうか。
不倫は略奪愛などと言われますが、けしてハッピーエンドになることはないそうです。
もちろん、やっかみで言っているのではないです。
自己中心的な考えで、平気で別の家庭を壊したりできるでしょうし、めでたく結婚できたとしても自分立ちの事情がばれるの怖さに嘘をついて生きていかなければいけないでしょう。不倫経験者なんかと結婚しても、また同じことが今回は自分にあるのではと考えると、安らかな気持ちには到底なれないでしょう。
以前は安値を掲げる興信所はヤバイと思われがちでした。手抜きをしたってお客にはわからないからです。でも、今はちがいます。
ネットが普及し、きちんと仕事をしてくれる探偵業者なのかどうかはクチコミ評価などを見て判断することができます。
安値ばかりに拘れば品質が落ちてしまいがちですが、高いばかりで品質が伴わないところに婚前調査を依頼してもバカを見るだけですから、実力と料金のつり合いがとれた会社を見つける手間を惜しまないことが大切です。よくあるサービス業の対価にくらべると、不倫調査で探偵を利用するコストは高いように思う人が多いようです。とはいえ、価格重視で選んでも浮気調査の成果そのものが得られなかったり、追加料金が発生しては、損失は金銭的なものに留まらないですよね。最終的に頼りになるのはその会社の実績値なのですが、高額な代金を請求するところが絶対的に素晴らしい調査能力を有しているかは判断に迷うところです。
特に不倫調査なんて要らないと考える人は多いです。
とはいえ不倫は些細なことから始まるので、女っ気のない職場環境だろうと放置していては、あとで泣くことになるかも知れません。普段会わない女性のほうが新鮮味を感じますし、浮気に発展しやすいのです。もし疑いをもつようなことがあれば、浮気調査を探偵にしてもらえば、いたずらに心配せずに済み、精神的にも負担が少ないと思います。
浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるというわけではありません。
不倫相手を特定してから3年間、あるいは不倫行為そのものがあってから20年が期限となっているんです。
仮に時効直前でも訴訟に持ち込めば、時効はなくなるのです。
つまり、時効が近い場合は、裁判を起こすのも考えに入れましょう。
ほんの火遊びのつもりでも、妻からすると信頼も人生設計もすべてが揺らぐのが不倫です。そんな身勝手な行動を黙認することはありません。
相手の浮気を裏付ける方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)というとさまざまありますが、やはり携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。
ライン、メール、フリーメールなどを駆使して連絡をとっていると考えるのが妥当です。探偵御用達のツールとしては、従来は発信機がありましたが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、かつての発信機とは異なり調査対象の追跡性能がアップしました。
いまどきのGPSの精度はとても高く、よほど電波の届きにくいところでなければ対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。
高性能の小型GPSを設置することにより、追尾の成功率はグンと上がるのです。ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、依頼する際には費用が発生します。
スタッフが行う調査の内容により、料金は異なります。
単純そうな行動追跡でも、ある程度まとまった時間を要します。
ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかで料金に差は出てくるので、調査を行う時間が長ければ、必然的に費用は多くなります。
結婚相手や婚約者の不倫に気づいた女性が調査のために探偵を雇うというシーンって、ドラマでもしばしば見かけたりします。
ストーリーの中の探偵さんの仕事を見ていると、わざわざお金を出して頼むまでもない気がしますよね。
しかし、実際には相手や周囲に気取られないよう追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは経験が物を言う仕事です。
調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。
全部がそうというわけではありませんが、探偵社では相談までなら無料というところもあるようです。
贔屓の探偵社がある人なんていませんから、これは積極的に受けておいて損はないでしょう。
信頼出来る会社かどうか理解を深める助けになるでしょう。
親戚でも友達でもない第三者に相談することで、頭の中でもやもやしていた問題を整理することも出来るのです。
携帯電話をチェックしなくても、不倫をしているかは想像がつくものです。
例えば、単刀直入に質問してみるといいのです。
人間はウソをつくときほどカラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。短い質問なら簡単に答えれば良いのに、懇切丁寧に細かいことまで話しだすのも疑わしいです。
後ろめたいことを隠しているときは、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。
落ち着かず目を泳がせるので、見ていて分かります。こちらが落ち着いているほど効果的です。

浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、浮気するのは男だけと思ったら大間違

浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、浮気するのは男だけと思ったら大間違いです。
同窓会以外にも職場やコドモの学校関連など、女性だけが誰かと会うチャンスは思いの外多く、浮気がバレてみれば双方既婚者というのも多いように、既婚云々は関係なしに浮気はしてしまうみたいです。
ドラマ等にも後押しされて女性の浮気が増えているのか、婚前調査で探偵社を訪れる男性は珍しくもなくなってきました。
不倫の理由にしばしば挙げられるのは、配偶者との生活のマンネリ化が耐えられないという自己中心的な感情(これをこめて歌うと、上手に聞こえることが多いでしょう)です。
また恋愛対象になってみたいという気持ちが浮気へと走らせるようです。怒ったところで逆効果ということもありますから、双方の言い分を尊重し、お互いに何が不満なのかを確認しあうのが必要ではないでしょうか。
興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、企業規模も確実に影響してきます。
全国規模でフランチャイズ展開している会社は、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、その点ではけして他社に劣らないというメリットがあります。
規模の大きなところは探偵や内勤職員の指導育成が徹底しており、それはシゴトの成果にも反映されているように思えます。持ち歩いていて何かと便利なスマホ。
しかしそれが元で配偶者に浮気がバレてしまったというケースが多くみられます。
パソコンのメールや携帯電話の着歴に替り、現在はスマホのラインなどのSNSやメールに不倫の履歴が隠れているかもしれません。
肌身離さず、ロックまでかけている場合は、十中八九、浮気の証拠がそこにあると考えて間違いないでしょう。
不倫関係に終止符をうたせるには、きちんとした不倫の裏付けをとって、双方に慰謝料の支払いを求めるのが、よく効くようです。例えばちょっとしたおあそびとか、本人立ちはさほど罪悪感を感じていないケースも多いですから、代償としての慰謝料を要求することにより、彼らがやったことの反省を促進する事が出来るでしょう。
浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも簡単に個人情報を開示するのはイヤというのは人として正しい反応だと思います。依頼に先立っての相談段階では個人が特定できる情報はなくても対応してくれる業者も最近では増えていますから、あまり心配しなくてもよいでしょう。
しかし、いざ依頼するとなると契約や詳細説明は必須ですから、必要最低限の個人情報の提供は不可避です。
もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎたてず、ベストな対応をするべく、気持ちを静めて冷静になることが大事です。
浮気した相手を再びうけ入れることができないのであれば、やはり離婚や慰謝料についても考えておく必要があるでしょう。面倒でも双方で会う時間を造り、今後のことについて相談することを御勧めします。夫(あるいは妻)が不倫していることに気づき、初めて探偵業者を利用しようというときは、ついつい手頃な価格のところを捜しがちです。ただ、誹謗するわけではありませんが、極端に安いときは、安易に契約を結ぶべきではありません。
やはり安かろう悪かろうというパターンもあるわけですから、契約する前に、常識的な程度の安値なのか、信頼できる業者なのかもチェックしておかなければいけません。
調査がおわり、探偵業者が発行する報告書は、業者ごとにスタイルはさまざまです。
もし裁判等での使用が前提なら、やはり証拠として認められるよう、良質な情報を備えた報告書である必要があります。のちのち、報告書をどのように利用するのかよく考え、依頼する業者を選別しなければなりません。探偵調査業を始めようと思うなら、特殊な免許資格は不要です。
ただ、平成19年の探偵業法の施行により、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、届出書を公安委員会に提出したアト、探偵業届出証明書を交付してもらって、認可された会社(個人も可)になることが大原則です。これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者と言う事です。
有名どころや老舗が最高だとかは言えませんけれども、比較的規模の大きな探偵社を選ぶと間違いが少ないです。規模の小さな会社では、充分な調査をせずに見積りと全然ちがう料金を請求してきたり、費用の説明が不十分なところもあるからです。
そのほか、話をしたときの相談員の対応や契約に関する説明の詳しさなどは、重要です。納得がいかないようなら依頼すべきではありません。
同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。しかも、事実が判明したところで、不倫はプライベートな行為のため、セクハラでもないかぎりシゴトをやめ指せることは無理でしょう。ただし、採用時の契約書や就業規則のけい載にある、「秩序および風紀を撹乱する畏れ」といった箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、ほとんどは言葉だけでの注意であって、厳しいお咎めはなしで済んでしまうことのほうが多いでしょう。
ふつうの金銭感覚でいうと、婚前調査に探偵を雇うときの費用というものは、安いとは言えません。割安だからと安易に業者を頼んだものの、婚前調査の成果そのものが得られなかったり、追加料金が発生しては、時間とお金の無駄遣いですよね。
大事なのは調査の能力の高さですが、高額な代金を請求するところが必ずしも調査能力が高いわけではないのが難しいところです。探偵社の調査員になって5年目ですが、比較的件数の多いシゴトといえば婚前調査でしょう。
証拠を押さえるためにはそれなりのワザとカンを要すると思います。
ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、即座に判断して行動する応用力も必要です。なにより、対象人物に婚前調査がバレてしまうことが問題で、依頼人を推定しやすいということからも、最大限の用心をしつつ調査につくのは常識です。対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、あながち嘘ではないでしょう。
もともと我が身のために、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、めでたく結婚できたとしても自分立ちの事情がばれたらおわりと不安な思いをして生きていかなければいけないでしょう。不倫相手と結婚したって、再び不倫にならないとも限らず、沿う落ち着いてもいられないでしょうね。これから探偵業者を使おうと思ったら、まず、電話で相談してみましょう。電話を通した相談で感触が良く、細かく相談したいと思ったら、営業所に行きます。そこで契約に必要な説明を聞いて、納得したら契約書を交わし、そこから調査員へのGOサインが出されます。
実際に探偵(調査員)を雇う方法ですが、調査探偵業を行っている事業者に依頼するのがやはり一般的ですね。
質実供に良い会社に調査をして貰うには、少し手間をかけても複数の会社を比較することが大事だと思います。
とくに、相場ぐらいは知識をつけておきましょう。高額な請求をしてくる悪どい会社から身を守る予防線のようなものです。配偶者の不倫に気づいても、相手が警戒しているときは、不倫の証拠を自分で見つけることは現実的ではありません。
しかしきちんとした証拠を握っていれば、不倫関係を解消指せるとか、離婚するとかにしても話を有利に進める材料になるんです。ですから、不倫をしているなと思ったら、裏付けをとるよう探偵社に依頼すると良いのです。
お金はかかるものの、交際相手とホテルから出てくる写真のように、あきらかな証拠が得られるでしょう。調査業者を選定するときに気になってくるのが、料金でしょう。
費用は時給換算のように単純なものではなく、調査次第で差が生じるのは致し方ないことでしょう。
不倫や親子関連の行動調査などでしたら、1時間の調査だったとして、一般的には3万円以下、2万円以上です。安ければいいというものでもないでしょうから、こればかりは専門業者に直接聞いてみるのが時間もかからず、気持ちも整理しやすいのでいいでしょう。夫婦2人とコドモ2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。
夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。
しかし先週、家族会議の結果、いよいよ離婚という運びになりました。親権は私ですが、母子家庭としてコドモ二人をきちんと養っていかなければなりません。
私の怒りや戸惑いは後回しにして、弁護士さんを頼み、夫には慰謝料と養育費、不倫相手には慰謝料を求め、安全のために公正証書を製作しました。興信所に持ち込まれる案件の多くは、素行(不倫)調査ではないでしょうか。とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかをご説明しましょう。
標準的な不倫調査としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、ターゲットの尾行をします。
相手が警戒していることもありますから、不倫の可能性が高沿うな日(時間)を狙って不貞行為の証拠を入手します。たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、むこうの奥様が慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくるのは覚悟しておかなければなりません。
ひとくちに慰謝料といっても、先方夫妻が結婚を継続するか否かで変わってくるものです。
離婚に至っていないにもかかわらず慰謝料として高額な金銭を要求されたら、冷静になって、弁護士に入って貰うようにして頂戴。悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、お金を無駄にするだけで済まないこともあります。詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、碌な説明もなしに契約を促したりする業者は危ないと思ってよいでしょう。相談後、やたらと電話で勧誘してくるのは、悪質な業者だと思ったほうがよいでしょう。普通の営業をしている探偵業者なら、依頼人が不快に思うような行動はとらないですからね。
浮気の素行調査を探偵社に依頼する時は、だいたいの相場は知っておいて損はないでしょう。
個人情報を元に違法な請求をふっかけてくる事業者だってないわけではありませんから注意が必要です。
それに、一律料金や割安料金で安心感を与え、よく分からない諸経費や天候割増など、追加料金で底上げした高額な請求をつきつけられることもありますから、追加料金の発生条件等も、確認しておかなければいけません。
不倫関係を精算したきっかけで最も多く、説得力があるのが、配偶者への暴露です。
ただ、一般人が自力で不倫の証拠を押さえるというのは沿う簡単なことではありません。
最初から興信所や探偵業者などのプロに怪しい点を探って貰うのが効果も高いうえ確実です。
ただ、これは怪しいと気付くのはやはり自分以外にその役目を果たすものはありません。探偵業といえど競争があるのは事実で、相場より安く請け負うところやなんでも時給換算で明朗会計なんていう業者も増加する傾向にあります。ただ、状況に応じて追加料金が必要な例もあって、必ずしも格安であるとは限らないため、正式に契約してしまう前に疑問点について説明してもらい、請求トラブルにならないよう注意しましょう。
パートナーに不倫行為が発覚すると、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。
不倫行為の証拠があれば、やっていた方は明らかに分が悪いです。その場合、慰謝料の相場が分かれば気も楽ですが、50万くらいから何百万円までと幅があるようです。
支払いが無理沿うなら、分割期間の変更や減額を頼んでみるのも悪くないかもしれません。興信所や探偵といった調査業務を行っている会社では、タダで相談員との面談ができるチャンスを設けているところが増えてきました。
贔屓の探偵社がある人なんていませんから、これは是非とも活用したいサービスです。信頼できる会社かどうか理解を深める指標になるからです。
ベテランのスタッフと話をすることで、それまで複雑でどうしようもなかった心配事を仕切り直し出来て、御勧めです。
調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーかというと、沿うでもないです。
全国展開している大手などではクレジットカードでの決済に対応しています。利用明細にはそれとわからないような表記を採用しているところも多いので、調査をしたことがパートナーに分かることはありません。クレカで支払いができるようにするためには会社としての実績も必要ですから、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。
インターネットで検索すると探偵社がたくさん出てきて困っていませんか。
とりあえず優先すべきは探偵社の所在地です。
ほとんどの人は自宅から通勤圏内でしか動きませんので、どの地域なのかをまん中に、ウェブで検索してみるといいでしょう。
さらにクチコミや規模などで選定し、直接電話で相談しましょう。
ひと括りに探偵といっても結局のところ話をしてみないと、誠実沿うな会社かどうかもしりようがないですから、心配なら2社以上にかけてみれば良いのです。