探偵を使ってパートナーの不倫を調べて貰う際は、どんな目的でどのような調査

探偵を使ってパートナーの不倫を調べて貰う際は、どんな目的でどのような調査をしてほしいかあきらかにしておくことが非常に大事です。別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、でなければ証拠を集めて離婚裁判に持ち込みたいとかこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。
依頼の内容次第では微妙に調査内容が異なってくるので、あらかじめ明瞭にしておきましょう。
フィクションの世界ならともかく、現実の探偵の手法として、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。
ターげっと〜となる人物に絶対に気取られないよう行動を追い、不倫等の証拠を押さえることです。
察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、追跡する側はターげっと〜の行動を先読みして予測しなければいけません。
どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのが探偵の業務です。
相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。
いざ探偵を頼もうと捜してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。人気や評判を元に選ぶと失敗が少ないです。ネットで検索してみるとそこを利用した人のクチコミ評価などがわかるでしょう。
居住地の近辺で満足度の高いところを選んで、相談や事前見積りをしてもらえれば、少なくとも悪いしごとはしないはずですし、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。
不倫を疑って、プロに素行調査を頼もうと思ったら、平均的な料金は知識として身に着けておきましょう。
割高な請求を顧客の悩みに便乗しておこなうところだってない訳ではありませんから注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)が必要です。
それから、相場より明らかに安価な料金を謳いながら、アトになって必要経費といって、追加や割増でかさ増しされた料金を請求してくることもあるので、あらかじめ料金については、確認しておかなければいけません。クラス会やOB会ではなにげに不倫に進展することも大いにありえます。好きだった人が素敵な大人になって現れたり、級友同士ということで異性に対する警戒心が薄れ、距離が一気に縮まります。
クラス会が終わってから、相手の様子がおかしければ、不倫の可能性も考えてみてもいいかもしれません。離婚すると、不倫していた親のほうは子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。一般論では沿うかもしれませんが、実際はちょっとちがいます。裁判上の親権の判定では、日常的に子と生活を一緒にしているかとか、子育てに対する積極性などを考慮します。調停委員がコドモ自身から意見を聞いたりもするように、どれだけコドモの生育環境としてふさわしいかがカギなのです。
主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするようになったので、ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。相手が誰かだけでもしりたくて、チェックしてみましたが、きっちりロックでガードされていて、手も足も出ませんでした。私が怒れば黙ってしまうに決まっていますから、最終的には探偵しかないだろうなと思ったものの、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。
どうしたらよいのか、ためらっているところです。
浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。
それには真正面からスパッと訊いてみましょう。
人間はウソをつくときほど妙にてきぱきと答えたがるので、そこを見ます。
だから質問は簡単なほうが良いのです。また、簡単な返事で済むところを、聞きもしない詳細を喋り出すのは限りなくクロに近いです。心に負い目があると、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。落ち着かず目を泳がせるので、見ていてすぐ判別がつきます。
結婚相手の不倫行為によってダメージをうけた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。
専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、心の傷を癒し、前進していけるのです。
信頼していた相手に裏切られたことで別れたアトも人間不信を引きずってしまい、自分の人生なのにポジティブになれないという相談もしばしば聞かれます。もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、女性だって浮気するじゃありませんか。町内会やしごと先。コドモや自分の習い事。人妻だって出会う機会ならさまざまあり、浮気がバレてみれば双方既婚者というのも多いように、既婚云々は関係なしに浮気はしてしまうみたいです。
ドラマ等にも後押しされて女性の浮気が伸びてきているせいか、探偵事務所に相談に訪れる男性も珍しくもなくなってきました。
浮気があったがために離婚するときに揉めて、とうとう家裁での離婚調停となることもしばしばあります。
調停の場では家事調停委員を間に入れて離婚のための意見調整をおこなうため、どちらかが怖がったり渋ったりしている場合でも解決にむけて進展しやすい点で体力的にも精神的にも助かります。
緊張せずリラックス(人それぞれリラックス方法は異なりますが、お風呂に入る、マッサージされる、深呼吸をするなどが比較的代表的かもしれません)して臨みましょう。
探偵業者に配偶者の浮気の追跡調査を依頼すると、調査相手に気付かれはしないかと不安になる人もいるようです。探偵はそれをしごとにしているのですから、向こうが気付くようなことは、まずありません。しかし、探偵に不倫調査を依頼することで、振る舞いが微妙に不自然になってしまって、相手が勘付くというケースもない訳ではありません。調査完了日までは少なくとも、普段と変わらないようにしてください。
近頃ではスマホが元で浮気が明るみに出立という事例が多くみられます。
過去にはPCメールが証拠となりましたが、いまはスマホのラインなどのSNSやメールに不倫の履歴が隠れていると考えるのが妥当でしょう。ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、おそらくスマホの中は不倫や浮気の証拠だらけと思っていいでしょう。普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。いきなり婚前調査を依頼したいと思っ立ところで、「ここがいい」なんてアテがないのがあたりまえでしょう。業者は公安委員会に届けを出す必要があり、認可がおりた事業所には許認可番号つきの探偵業届出証明書が交付されます。ま一緒に届出を出している会社なのかは、番号を見れば判断がつきます。
つまり、業者のウェブホームページに許認可番号の掲載があるかどうかをチェックしましょう。昔はどうあれ探偵事務所と興信所のしごとはちがいがありません。
一緒によくあつかうのは、離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、あきらかに配偶者が不倫し立という証拠が是非とも欲しいところです。もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、その道の専門家に頼んだほうがスムーズに離婚できると思います。それ以外にも、浮気相手に慰謝料請求をおこなう際に効果を発揮します。もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎたてず、取り敢えずマズイ対応をしてしまわないためにも、気分を落ち着けて、いっつもの自分を取り戻すようにしてください。浮気した相手を再びうけ入れることができないのであれば、離婚とか、沿うなると慰謝料の請求なども勘案しなければいけません。二人で会う機会を造り、お互いにどんな問題があり、これからどうすべ聴か話し合うとよいでしょう。念願だったパートのしごと。コドモが10歳になったのを機にはじめたのですが、そこの店長さんと親しくなって、つい浮気したんです。
コドモができてから今までの間、のんびりと主婦してただけなので、軽率なところもあったんでしょう。
挙動があやしいと、主人はすぐ気づいたようで、相手の奥さまと内密に連絡をとられて、向こうからは慰謝料を請求され、私自身も離婚するという結果になり、後悔しています。どのへんまでを浮気というのかは、その人の倫理観によってもちがうでしょう。立とえしごと上の付き合いでも女性と親しくしたら浮気だとか、手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気し立と言って怒る人もいます。ちなみに法律の上では、肉体関係があれば精神的にはどうであれ不貞となるのですが、穏やかな生活を送ろうと思ったら、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは控えるべきでしょう。
探偵業者に回ってくる依頼の多くはパートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。
ちょっと気にかかることがあるから、浮気しているかどうかだけでもしりたいというものや、離婚裁判の証拠として採用されるような報告書が欲しいといったケースなどニーズに応じた調査を行います。不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、確実な裏付けが必要ですから、やはりプロの探偵に依頼するのが最良の選択だと思います。
不倫というのは一生続けられるものではありません。浮気の事実が知られ、家族、親族、同僚などからそっぽをむかれたり、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんてケースもあるでしょう。倫理面はさておき不倫の当事者同士で再婚することだってあります。
どういうルートを辿ろうと、不倫では失うもののほうが多く、幸せな結末なんてある訳がないのです。不倫の結果として生まれたコドモでも認知請求することはできます。戸籍に名前がけい載されるだけでなく、子の養育費の支払いにも関わるため、とても重要な手続きです。なかなか認知されない場合、訴訟を起こされることもあり、浮気の事実があれば否認は困難です。
そんなことになる前に不倫関係を絶っておかなかったら、今後の人生設計にまあまあの不利益も覚悟しなければなりません。
探偵社への依頼の仕方は、とりあえず電話をかけましょう。電話口での相談で相手の応対を見て、さらに話を詰めたいと思ったら、最寄りの営業所まで行きます。相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明がオワリ、任せても良いと判断し立ところで契約を締結し、そこでようやく、本当の調査が初まるのです。
最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、ユウジン宅のPCを借りて探偵社を捜してみたのですが、比較ホームページや公式ホームページがたくさん見つかりました。問い合わせは複数の会社に行い、一番感じが良かっ立ところに依頼しました。覚悟してい立とはいえ、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、のどの奥が固まるような気分でした。
相手の不貞行為が判明した場合は、やはり頭に血がのぼってしまうかもしれません。
ただ、気持ちが鎮まったら、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。
浮気なんていうものは、やったほうが悪いのです。メンタル的には割り切れないものがあるでしょうが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料は、しっかり支払って貰うべきです。
浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも個人についての情報を安易に知らせたくないという人も少なくないでしょう。
依頼が確定するまでの見積り段階では、おおまかな情報のみでOKという探偵社がまあまあ増えましたし、沿うした心配は要らないと思います。
しかし、いざ依頼するとなると具体的な契約を交わす訳ですから、そこで必要な個人情報の開示は不可避です。4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。夫は7つ年上で社宅住まいです。
先月半ばに彼の職場不倫がわかり、両方の家族同士で話し合った末、離婚することになりました。
親権は私ですが、母子家庭としてコドモ二人をきちんと育てる訳です。簡単なことではないでしょう。
感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、弁護士の方におねがいし、夫には慰謝料と養育費、不倫相手には慰謝料を求め、それらは公正証書という形にまとめて貰いました。
浮気というのは字のごとく軽い気持ちでしてしまうものかもしれませんが、された側にとっては人生観さえ変えかねない恐怖を感じるのが不倫です。
許しがたい不貞行為を放置するというのは不可能でしょう。
不倫行為の裏付けをとる手段はやはり一番にあげられるのはケータイチェックでしょう。
用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。
複数の探偵業者が存在する以上、競争というものが発生します。
その中で、破格値で調査してくれるところとか、なんでも時給換算で明朗会計なんていう業者もしばしば目にするようになりました。ただ、状況に応じて追加料金が必要な例も多いので、正式に契約してしまう前に調査内容や料金の詳細を説明して貰い、アトで後悔することがないよう気をつけましょう。
自分にとって良い探偵社を見つけようと思ったら、地域の専門性で選ぶのも手です。
相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者に限定すれば探偵の数も絞れます。ローカルに強い探偵なら、しごとを有利に進められますし、報告書の精度も上がるでしょう。
それと、依頼内容次第では専門外であったり、むしろ得意なこともあるようですので、先にウェブで情報収拾しておき、そこに書かれている電話番号などに直接確認してみるとよいでしょう。
夫の浮気が心配で調査のために探偵を雇うというシーンって、ドラマでもそんなに珍しいものではありません。
素人が探偵と一緒に行動するシーンもあって、真似くらいはでき沿うな気がしますが、実際には相手や周囲に気取られないよう後を追って、証拠になる写真まで撮ってくるのは初心者には到底無理です。
調べていることが向こうに分かってしまっては元も子もありませんから、プロに任せるのが一番安心です。

いざ探偵に婚前調査を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょ

いざ探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。やはり人気を持とに選ぶのがいいでしょう。少し手間でもネットを使えば、探偵業者のクチコミや営業所レベルでの対応などを見ることができると思います。地域性もあるしごとなので、地元近辺で好評価を得ている探偵を見つけて、依頼すれば、調査もしっかりやってくれるでしょうし、浮気の裏付けも丁寧に行ってくれるでしょう。
浮気されたことによって心に傷を負った人の心をケアをしてくれる専門のカウンセリングがあります。
プロのアドバイスを受けつつ、心の傷を癒し、前進していけるのです。
信頼していた相手に裏切られたことで別れたアトも人間不信を引きずってしまい、積極的に将来のことを考えられなくなることも多いようです。
離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、カウンセリングが効力を発揮すると思います。
だいたいどのあたりで浮気だというのでしょう。
それは、その人の倫理観によって持ちがうでしょう。
たとえしごと上の付き合いでも女性と親しくしたら浮気だとか、手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気と言う人も、いない理由ではないです。法的には配偶者以外との性的な交渉があれば、それだけで「不貞」となります。まあ、一般的には、夫婦間では不倫を疑われるようなことは控えるべきでしょう。どういう理由か男性は浮気するものと捉えられがちです。
でも、浮気をするのは男だけではないでしょう。スポーツや自治会、子供関連と、女性だって出会いのチャンスはたくさんありますし、浮気がバレてみれば双方既婚者というのも多いように、夫や子供がいても、浮気する人はするんです。近頃は女性の浮気も増加傾向にあり、旦那様側が探偵に相談するケースも増えているようです。
以前の探偵業界では、安値イコール悪かろうの認識がありました。多少しごとがアバウトだって、新規の依頼人には分かりませんから、無理もないです。現在はネットが普及して、劣悪な業者かどうかもクチコミ評価などを見て判断することが可能です。
代金をケチって肝心の調査がダメでは元も子もありませんし、高額なのにそれに見合っていない業者へ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものなので、実力と料金のつり合いがとれた会社であれば、アトで後悔することもないでしょう。もしこれから探偵社に依頼しようと思ったら、その会社の評価や口コミ情報を調べることが大事です。無視できないくらいの悪い評判のある会社では、高額な追加料金が上乗せされたり、いい加減なしごとで報告書をでっち上げるなんてことも、なきにしもあらずです。
ある程度、安定した評価を維持している会社に頼めば、法外な代金をとられることはありません。肝心の婚前調査の裏付けなども、きちんと行なってくれるでしょう。
当事者としては悪気はなくても、不貞行為には違いないのなので、その対価はけして安くはありません。
もっとも、パートナーの対応によっても違いますよね。ただ、別居や離婚ということになるばかりか、養育費や慰謝料の支払いが生じたりもします。
不貞行為が明るみに出れば、金銭的にも社会的にも代償を支払い、今後の生活を送ることになります。
会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査は、出来高制を採用している場合もあります。
浮気の裏付けがとれない限り、お金を払わなくていいなんて、ラッキーと思うでしょうが、浮気をしている雰囲気がな指そうだったり、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、お断りというパターンもあるみたいです。
当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときに「うわっ」と思うような請求書をつきつけられることがあります。「証拠がとれるまで」を「時間無制限」とすると、費用もかさむ理由です。
探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対しては抵抗感があるという人は少なくありません。
もし最初から実名で相談することが不安というのであれば、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる事業者も存在します。
そういったシステムを利用し、信頼できそうなところだと感じたら、本名を伝えて詳しい話を詰めていくというふうにもできます。普段は無縁な探偵社ですが、とんでもないインチキな会社も存在するので、評判をよく調べ、誠実そうなところを選びましょう。また、不倫の追跡調査等でも、きちんとした裏付けを取るのに必要な時間というのは、幅があります。まともな業者なら目安となる期間やコストテーブルがありますので、説明をしてもらって納得できたら契約するようにしましょう。
私は大手探偵社の調査員をしていますが、婚前調査できちんとした成果を挙げられるかどうかは、それなりのワザとカンを要求されます。
地道といいつつも予想外の出来事は多く、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。
浮気の場合は相手もいる事によりすし、あくまでも内密に調査を遂行しないと依頼者に不利益を持たらしかねませんので、最大限の用心をしつつ調査につくのが探偵としての常識なのです。
不倫していると受け応えでも見抜くことが可能です。
遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。
人間はウソをつくときほどやたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。
それに、ちょっと聞いただけでどんどん話を付け足していくのは怪しさ満点です。
後ろめたいことを隠しているときは、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。
目を合わせないのにチラ見するなどの様子を見れば嘘はすぐ判別がつきます。
スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、それが元で不倫が判明するケースが増えています。
配偶者がスマホを片時も離さずSNSを更新しているときは、浮気相手と連絡をとっていると考えてもおかしくはないでしょう。
相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、浮気の有無を見出すきっかけと言えるかも知れませんね。
身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。
何社か問合せをしていくうちに、応対が優れていて値段も高くない探偵さんに調査を依頼しました。
わかってて依頼したものの、決定的な証拠を目の前にすると、のどの奥が固まるような気分でした。32歳の主婦です。
6つ年長の夫と子供立ち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。しかし先週、両方の家族同士で話し合った末、離婚することになりました。親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと養っていかなければなりません。メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、浮気相手への慰謝料の請求と、夫への慰謝料および養育費の請求だけはおこない、公正証書というのを作ってもらいました。探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、お金を無駄にするだけで済まないこともあります。
話をしに行っただけで契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは注意すべきです。一度断ったのに、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのも、立ちの悪い業者によく見られる傾向です。
誠実な探偵業者はけしてそのような行為はありません。配偶者の浮気がわかったときは、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。
ただ、落ち着いてきてからで構わないので、これからどう対処していくか考えなければいけません。浮気なんていうものは、した人間の方に責任があるのです。
気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)の上では割り切れないものがあるでしょうが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料請求はきっちりおこない、相手に責任をとらせましょう。
たとえ調査内容が同一でも、婚前調査の代金は探偵社次第ですごくな違いがあるみたいです。
最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、多少面倒でも複数の探偵社で見積りをとり、説明を受ける方が、料金だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。アト、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報をデータとして用意するか、メモなどで整理しておくと、余計なことに調査時間を費やさずに済み、調査費用として払うお金も少なくて済みます。
浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、不倫の証拠を自分で見つけるのは無理というものです。とはいっても、証拠を掴んでいれば離婚に知ろ慰謝料請求に知ろ、上手に話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。なので、不倫をしているなと思ったら、探偵を雇って調査してもらいましょう。ある程度、費用は必要ですが、浮気相手と出かけているときの写真等、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。
不倫の証拠をおさえるための素行調査は、相手と近い関係であるほど追跡が発覚しやすいばかりか、感情に任せてトラブルになる可能性も想定しておかなければいけません。
探偵社に頼めば、相手に気取られず婚前調査するテクニックと資材を持っていますし、自分でわざわざリスクを負うよりはるかにラクに素行調査や裏付けがとれるはずです。
トラブル回避のためにも利用をお勧めします。
いざ婚前調査を探偵に依頼するとなると、対象に内密に尾行や張り込みなどの調査をおこない、そこで得た証拠や情報を依頼主に提供する探偵の業務は悪いこと(不法な行為)なのではと質問されることがあります。ご心配なく。探偵業法を遵守していれば違法ではないのです。
この法律が発効されたのは平成19年です。それ以前は興信所や探偵といった調査業者への明りょうな規制がなく、違法な詐欺まがいの業者との多彩な被害を未然に防ぐべく策定されたのです。
浮気が判明したら、代償として慰謝料をもとめる権利があります。
とはいえ、当事者だけで解決しようとすると、感情的な理由が根本にあるためか、結論にたどり着く前に多大な労力を必要とします。
裁判で決着をつけなければならない事もあるため、弁護士を頼んでなるべく円満な解決を目さすといいかもしれません。浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるという理由ではないのです。
誰と不倫していたかがわかってから3年以内か、あるいは不倫行為そのものがあってから20年以内でも構わないそうです。ただ、時効間際といっても諦めないで下さい。
慰謝料請求訴訟を起こせば、期限がリセットされるのです。
時効になったら元も子もありませんから、その前に裁判で時効を利用させないことも方法の一つです。
全部がそうという理由ではないのですが、探偵社では無料で相談に応じてくれる場合がすごくあります。
贔屓の探偵社がある人なんていませんから、これはぜひ利用しておきたいですね。
その会社の対応状況などを判断するのにはうってつけだと思います。
先入観を持たずに話を聞いてくれるはずですし、相談していくうちに、漠然とした不安や現在の状況などを仕切り直しできるので、お勧めです。
探偵を頼む上で大事な調査手腕や技術力は、企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)(CMでのイメージと実態ってけっこう違うものですよね)としての規模によるところも大きいでしょう。
全国規模でフランチャイズ展開している会社は、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、その点ではけして他社に劣らないというメリットがあります。
大手業者はしごとの品質を維持向上させるため、相談員や調査員の教育やステップアップにも意欲的で、そうしたところが調査報告書にも表れてくると思います。
よくあるサービス業の対価に比べると、調査会社に頼んで婚前調査をしてもらうときの料金は、安いとは言えません。でも、安さ重視で業者を選んでも、浮気してるかどうか「わからなかったです」では、無駄遣いもいいとこです。
やはり調査能力のほうを重視したいですが、すごい料金をとっていても必ずしも調査能力が高い理由ではないのが難しいところです。
明らかな浮気の裏付けがとれない限り、裁判などではおそらく不利になると思います。パートナーの不倫行為が立証できなければ、裁判で不倫そのものが否定される事もあるのです。そんなと聞こそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。
誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めて貰えなかったりするのを防ぐために、しっかり調査するほうがいいでしょう。夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、大切な人のことを無闇に否定したりしないことです。相手に望向ことがあっても、我の強い妻と思われないよう、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、家の収支に問題があれば相手にアドバイスを請う形にしています。
一家の主である彼を第一に考え、妻らしく容姿外見にも気をつけて、女らしいふるまいを心がければいつまでも仲の良い夫婦でいられる(浮気なんてとんでもない)と考えているのですが、甘いですか?自分でなく、職場の同僚のことなんですが、彼が単身赴任中に妻が浮気していたとかで、その浮気相手に対し訴訟を起こしたいと思っているみたいです。
でもそうなったら裁判費用が要ると聞く事もあります。
あきらかな不倫の証拠を突きつけてやって、慰謝料を払わせ、一切のコンタクトを今後は禁止する(ペナルティも考える)なんてどうかと言っておきました。
一般的に不倫で結婚した人は幸せを感じにくいと言われています。すごく言い得ているのではないでしょうか。持と持と我が身のために、平気で別の家庭を壊したりできるのですし、めでたく結婚できたとしても自分立ちの事情が知られた時点で最後だろうなと覚悟してずっと暮らしていくのです。
略奪婚の末に入籍までこぎつけても、興奮や癒しをもとめて不倫が再発することだってあるでしょうし、心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。